鳥羽水族館(三重県・鳥羽市)

(2001.JUN.9)

「3歳のお誕生日記念」と題して、行ってきました。
本人が喜ぶと思って「地下鉄」「近鉄」を乗り継いで行ったのですが…。
これが失敗のもと…?!
しかも、こういう日に限って、早起きしちゃうもんだから、
電車でパワーを使い果たし、着いた時には、お疲れ・眠々モード。
残念ながら、水族館での機嫌は、いまいちでした。
しかも、窓から見える海の、小〜〜〜さな魚ばかりに気をとられ、
どうして水槽の中の大きな魚には、興味を示さないのかしらね…?!
いやんなっちゃうわ。┐(-"- )┌
近くのホテルでするはずだった LUNCH も、
延々と続く「パパの、お腹がすいたCALL」に負けて、断念…!!
館内レストランでのLUNCHとなりました。(T_T)
そして、帰りの電車でも、オヤツのお弁当を食べるパパ。
目が覚めたのか、今更?超ご機嫌の萌夏san。
帰りの道では「楽しかったけど、ちょっと疲れちゃった…」と、上手に抱っこをせがむ、
萌夏sanでした。(〃⌒ー⌒〃)

広い館内は、テーマごとに仕切られ、各部屋にスロープもあるので、
ベビーカー・車椅子でも安心。
(エントランスホールには、無料貸し出しのベビーカー・シルバーカーが常備。)
また館内に、トイレは4箇所、レストランが2箇所、
ベビールーム(10畳ほどのスペースにソファー。パパは入室できません)が1箇所。
所々に、売店や、飲み物の自販機が置いてあります。

ナポレオンフィッシュが泳ぐ、巨大サンゴ礁「コーラルリーフダイビング」ゾーンは、
正面・天井・左右がガラス張りになっていて、もれなくダイビング気分。
とはいっても、私、ダイビングは、した事ないけどね。(*^m^*)
古代の海」ゾーンでは、シーラカンスやアンモナイトが、
海獣の王国」ではアシカ・オタリア・ゴマアザラシが、お出迎えしてくれます。
萌夏sanお気に入りの「パフォーマンススタジアム」:アシカショーは、
入り口・パンフレットで時間を要チェック!!(1日5〜6回)
伊勢志摩の海・日本の海」のスナメリ、「人魚の海」のジュゴン、
極地の海」のパンダイルカは、大人にも、子供にも人気♪
森の水辺」:両生・爬虫類館(数十種類のカメやカエル)に関しては、
ノーコメントでお願いします…。(^-^ゞ
そして「日本の川」ゾーンの、巨大滝、イワナ、アユで、日本の自然を再発見。
ちなみに、私のお気に入は「ジャングルワールド」。
2.5メートルにもなるピラルクのいるアマゾン水槽では、コンピューターによって、
アマゾンの1日(スコール・霧・雷)が再現されています。
でも、あの大迫力の「ピラルク」(見た目は、巨大なアロワナかな?)、
現地では本当に食用なのかしら…?
パパは、「身は、淡白そうじゃない?」なんて言うけど…???(^−^ゞ

館内「花さんご」のお子様ランチも人気ですが、
もし時間に余裕があるのなら、
周辺のお店・ホテルでのランチも、なかなかおススメ。
また周辺には、有名な「ミキモト真珠島」、
志摩マリンレジャー」(鳥羽湾めぐりとイルカ島・船上バーベキュー)、
海の博物館」など、見所も盛り沢山。
ちょっと足を伸ばせば、あかんべーアザラシで有名な「二見シーパラダイス」、
大きなマンボウで有名な「志摩マリンランド」、
パスケエスパーニャ」など、など…。
ありゃ? また行きたくなってきたじょ…?!(^−^ゞ


  •  住所    : 鳥羽市鳥羽
  •  交通機関 : <電車で>近鉄名古屋線 鳥羽駅下車 徒歩約7分
                     名古屋駅から特急で、約1時間30分
                       大人:1.670円+特急券:1.280円
              <車で>東名阪自動車道・関JCT→伊勢自動車道・伊勢IC
                      →伊勢二見鳥羽ラインで、鳥羽へ
  •  電話    :( 0599 ) 25 - 2555
  •  開園時間 : 8:30〜17:00(季節によって、多少変わります)
  •  休館日  : 年中無休
  •  入園料   : 大人:2.400円、小人(小中学生):1.200円
              幼児(3歳以上):600円
  •  駐車場   : 530台(2時間500円、30分毎に200円)

HOMEへ戻ります♪ 「遊びに行こう!」へ戻ります♪ 管理人へのメールはこちら♪

SEO [PR] カード比較 ギフト 冷え対策 チョコ 無料レンタルサーバー