PARENTS  

前々夜
6月7日(日)
萌パパ :休日
「最後の二人きりデート」と題して、外食。
少々飲んで、少々ご機嫌のパパに代わって、ママの運転で帰宅しました♪
前夜
6月8日(月)
ベッドに入ったものの、なぜか眠れなくて、ずっと起きてました。
そしたら、だんだん下腹部が痛くなってきて。
てっきり「GERI」 だと思って、トイレに起きてみると…?

  3:30 <出血(おしるし)・破水(少量)>
      ずっと「破水って気が付くのかな?」「おしっことの区別、付くのかな?」
      なんて心配してたけど、ちゃんとわかるものなのね♪
  4:30 <病院に電話>
      この時、陣痛は「10分間隔」
      当直の看護婦さん:「5分間隔になったら、もう一度電話ください」
      との事で、一旦電話を切りました。
  5:30 <病院に電話>
      この時、陣痛は「5分間隔 :30〜40秒」
      対応してくれた看護婦さんは「入院は、今すぐでも、診療時間まで
      待っても、どちらでも良いですよ」との事。
      パパの出勤後は運転が不安だし、とりあえず病院へ行く事にしました。
  6:00  <入院> 
      看護婦さんの問診後、306号室に入院しました。
      この時、パパが会社に電話。(本来なら、そろそろ出勤してる時間…)
      いつ産まれるかはわからないけど、3日間の連休がいただけました♪
      1人目のお産時、3日間の特別休暇がいただけるそうで…。
      いい会社だぁ♪(〃⌒ー⌒〃)
               … でも、1人目だけなのは、何故…???
  8:00  <朝食>
      「破水しているから」という事で、抗生物質を飲みました。
  10:00 <先生の診察>
      外来診察室におりて、診察。この時、子宮口2.5センチ大。
      先生曰く、「夜中から、朝方の予定かな?」との事。
      Σ( ̄□ ̄ )ゞ そんなに長く続くの?!
  11:00 <シャワー>
      看護婦さんの指示で、パパが付き添いました。
  12:00 <昼食>
      この時、陣痛は「10分間隔 :15〜30秒」
      ママ、お疲れ気味。食事は半分くらいしか食べられませんでした。
  18:00 <夕食>
      この時、陣痛は「5分間隔 :30〜40秒」
      ママは食べられず、隣りで美味しそうに食べてるパパが、恨めしい事!
      しかも先生の奥さんと、楽しそうに雑談していやがった!!(●`ε´●)
  21:00 <陣痛室へ移動>
      この時、陣痛は「1〜3分間隔 :45〜60秒」 子宮口8センチ大
      パパには、だんだんBABYがおりてくるのが“手で”実感できたそうです。

0日目
6月9日(火)
萌パパ:特別休暇(2日目)
  0:00 <分娩室へ移動>
      「もう、いきんでもいい」「何かあったら、先生が助けてくれる」
      そう思ったら、怖いものなし♪
      分娩台の上で、陣痛と陣痛の合間に、寝てたもの。(*^▽^*爆

      マザークラスで「陣痛が長くなってくると、体を休めるために、脳から
      “眠りなさい”の指示が出ます」と聞いていたパパは「本当だったんだ」
      と思いながら、ママを眺めていたそうです。(*^m^*)

      先生・奥様も合流して、いよいよといった雰囲気に!!
      そして看護婦さんは、パパを被写体に、写真を撮る練習…。(^−^ゞ
      「君ら、そんなんで良いのか?」って顔したパパの写真が残っています♪
  24:35 <BABY BORN> 3054グラム 49センチ
      陣痛の進み方が遅くて、子宮口もなかなか全開大にはならないから、
      助産婦さんは「今夜中には産まれないかな?」って思っていたそうです。

      パパがへその緒を切りました。なかなか切れなかったそうです。
      ママの第一声は、「可愛い〜♪」
      そして、「本当に(お腹には)赤ちゃんが入ってたんだぁ?!」でした。
  25:30 <部屋へ移動>
      子宮の回復を促すため、病室まで歩いて帰りました。
  26:30 <トイレの時間>
      看護婦さんが部屋まで来てくれて、トイレへ。
      しばらくは尿意が麻痺してしまっているので、時間でトイレへ行きます。
      悪露の量に、ドッキリしたママ。塊で出るものなのね…。(^−^ゞ

1日目
6月10日(水)
萌パパ:特別休暇(3日目) … 昼間母子同室
12時間が経過後、シャワーの許可が出ます。
まずは体を休めるのが優先という事で、夜は眠剤・鎮痛剤を飲んで寝ました。
2日目
6月11日(木)
昼間母子同室。
本来なら、2日目から24時間母子同室となるところ、
(貧血のためか)疲れてくるとふらついたので、夜中は、あずかってもらいました。
  20:00 <萌パパ来院>
 
22:00 <萌パパ帰宅>
     「一緒に帰りたいよぉ! 連れて帰ってよぉ!」と泣いてパパを困らせました。
3日目
6月12日(金)
今日からは、24時間母子同室。
部屋がかわって緊張しているのか、ママの不安が伝わるのか、夜中に大泣き!!
おっぱいがまだ充分出ていない分、自信も持てなくて、
一緒になって泣いてました。(*^m^*)
  <AM ママ診察>
     貧血の有無を調べるため、採血をしました。
     1日30分くらい、ママがうつ伏せ寝をするよう指導がありました。
     悪露が排泄され、子宮の回復が良くなるそうです。
  11:30 <沐浴指導>
     私よりずっと若いのに、慣れた手付きで沐浴させる学生さん♪
     「こうやってぇ…、こうやってぇ…」の連発でした。(*^m^*)
  15:00 <栄養指導>
     先生は、栄養士さん。もしかしたら、粉ミルクの業者さんかな?
     ナースステーションにBABYをあずけ、集合時間ギリギリに参加。
     先に来ていた皆は、円座を抱え「走れるの?!」ってびっくりしてました。
     1歳までのミルクの目安や、母乳不足のサインなどを教えてもらいました。
  20:30 <萌パパ来院>
  21:00 <萌パパ帰宅>
4日目
6月13日(土)
  10:00 <退院指導>
     ナースが部屋に来てくれて、ベットに座ったままの指導でした。
     BABYの平均体重増加や、体温・呼吸数、寒い時・暑い時の目安、
     生理的黄疸の話なんかを聞きました。
  19:45 <萌パパ来院> … お泊り♪
5日目
6月14日(日)
萌パパ:休日
  <AM 退院>
   
ママは朝からシャワーを浴び、実母が用意してくれた退院用のワンピース
    を着て、久々にお化粧しました♪(〃⌒ー⌒〃)
6日目
6月15日(月)
お風呂に入る準備をしていて、ガーゼをはずすと…?
一緒にへその緒がとれてきて、びっくり!
実家にいる間は、実母がお風呂に入れてくれていました。
しかも普通のお風呂…。(^−^ゞ
7日目
6月16日(火)
おっぱいを飲むたび、うんちが出ていたのが…、
前夜から便秘気味???
そのせいかどうかはわからないけど、昼間、大量に吐きました。
入院中もよく見ていた光景だったから、特に取り乱す事も、慌てる事もなく、
とりあえずは(誤飲しないよう)横向きに寝かせて、背中をさすさす…。ヾ (^−^

15日目
6月24日(水)
眉が少しずつ濃くなって、脱皮も一息つきました。(*^▽^*笑
1日中、抱いているのはキツイけど、笑うことも多くなってきて、
可愛さが倍増した気がする♪
オムツかぶれは、布と紙のオムツを組み合わせて、対応。
交換のたびに洗う等、清潔・乾燥を心掛けました。
乳児湿疹に関しては、病院に相談後、石鹸で洗うようにしたら、一気に引きました♪

29日目
7月8日(水)
 一ヶ月健診  身長:54センチ、体重:4158グラム
車の移動が多く、昼間ほとんど寝ていたので、昼夜逆転を心配しましたが、
夜寝てくれたので、一安心。(〃⌒ー⌒〃)

この頃になって、起きている時間が、ぐっと長くなり、
おっぱい 〜 おっぱいの間 : 3時間以上起きて過ごす事も、増えました。
ママのストレスもあってか、
昼間グズる事が増え、不安な毎日を送ってる中での一ヶ月健診。
先生の「充分体重は増えていますよ」「頑張りましたね」で、気持ちが吹っ切れました。
と同時に、朝起きて、おっぱいを飲んだ後は、
1時間ほど1人で遊んでくれるようになり、これまで24時間付きっきりだったのが、
急に楽になった感じです。(〃⌒ー⌒〃)

HOMEへ戻ります♪ 「妊夫生活のススメ」へ戻ります♪ 管理人へのメールはこちら♪

SEO [PR] カード比較 ギフト 冷え対策 チョコ 無料レンタルサーバー