10ヶ月〜12ヶ月
(平成11年4月〜6月)

10ヶ月に入ってすぐの頃、ファースト・シューズを買いました。
「ニンナ・ナンナ」の黒い革靴。
本人とっても気に入った様子で、帰りの車の中では、ずっと食ってました。
(≧▽≦)ノ☆バンバン☆
まだまだ伝い歩きで、外でも上手には歩けませんが、
帽子をかぶって、を履けば、外に行ける」という事は、理解してるみたい。
おかげで、靴も、帽子も、大好きです。
実母には「ポチ(実家で飼っている犬)みたい」って笑われましたけどね。(*^▽^*笑
(母がコートを着てると、散歩だと思って、大興奮するの)
何より「ちっちゃい足に、ちっちゃい靴」が可愛くて、他人に見せて歩きたくて、
ママが履かせたかっただけなのよね♪
実際、公園に着くと、芝生の上を、裸足で歩いてましたもの。
そうそう、初めて裸足で歩いた日は、足の裏に赤いプツプツが出来ちゃって、焦ったわ…。

11ヶ月に入る直前、初めての旅行に行きました。
行き先は、下呂温泉@ホテルくさかべアルメリアに、一泊二日の旅!!
食事はバイキングなので、取り分けできると聞いていたものの、
念のため、レトルトタイプのBFを持参。
案の定、ホテルの食事時間内には(おなかがすいてなくて)食べられず、
部屋に戻ってから、持参したBFを食べる事になりました。
温泉(大浴場)には、卒乳直後のため、パパと。
もともと肌が弱いのもあって、お湯にはつからず、シャワーだけにしたものの、
全身、うっすらと、赤くなっちゃいました。
浴室内では、薄暗かったためか、怖がって泣きまくったそうです。
パパ、さぞかし大変だったろうね…。(^−^ゞ
お誕生日には、3人で東山動植物園へ行きました。
とは言っても、お花畑でシートを広げ、持っていったお弁当を食べて、
買ってもらったばかりの、夏用のを履き、
パパに手を引かれ、ご機嫌に少しだけお散歩して、帰ってきちゃいましたが…。
プレゼントは「ポポちゃん」と電池で動く「犬のぬいぐるみ」
最初はびびって、へっぴり腰だった萌夏sanも、慣れれば初めての「子分」にご機嫌です。
夜には、不二家の「プリンシャンテリー」でお祝いをしました。(〃⌒ー⌒〃)

10ヶ月に入ると、食欲が落ち着いてきました。
それまでは、ただただ機嫌勢いで食べている、という感じだったのですが。
“時々は”「もういらない」とさえ、言うようになりました。
それならば…、と…。
 これまでは「食べてくれるなら」と大目に見ていた“歩き食べ”を全面的に禁止!! 
座って食べるように、躾を始めました。
躾と言っても、立ったらあげない、というだけ。(≧▽≦)ノ☆バンバン☆
「帽子」や「靴」の時同様、“座ればくれる”→“立ったらおしまい”を覚えるまでには、
そんなに時間は掛かりませんでしたよ。
ただ、外でも、どこでも、食べる時は座り込んじゃう(例外を理解できない)時期が、
4歳近くまで続きました。(^−^ゞ
キッチンで味見という名のつまみ食いをするのでさえ、もらったその場に座り込んじゃうもの。
いいのか、悪いのか…、ねぇ…?
そして、11ヶ月直前。寝起きのおっぱいを「いらない」と言ったのをきっかけに、
卒乳決行です。(詳しくは「平凡な毎日のために…:お食事編」にあります。)
この頃から、季節も手伝って、肌の乾燥・湿疹が気になりだしました。
採血をしてみてもアトピー:アレルゲンはないものの、
「両親揃って、アレルギー体質の場合、アレルギーがある可能性は高いので、
用心するに越した事はないでしょう」
「広い意味では、この(肘の内側)左右対称にある湿疹も、アトピーです」との事。
洗剤・石鹸・入浴剤など、再度 刺激の少ない ベビー用 に戻して、
保湿に気をつけながら、しばらく様子を見る事となりました。

萌夏san、何事もできるようになるまでは、結構時間が掛かるけど、
一旦できるようになると、安心して見ていられるタイプです。
つかまり立ちをしていても、ばず、る子。
 そしてこの時期(後になってみれば)進化に向けての「蓄え期」だったようです。 
一人で立っちができたのが、お誕生日の直前。
次の日は、立ったり座ったり、その場でスクワット…?!
実は、もっと前から、立ち上がれたんじゃないの?! って感じでした。(*^▽^*笑
パパなんて、目の前で立ち上げってるのに、
「あ? 見てなかった…」ですって。 Σ( ̄□ ̄ )ゞ 信じられないぃぃぃ!!!
生後12ヶ月の身長、73.4センチ。体重、9840グラム。
ちなみにこの時期の体重増加は、一日平均10〜7グラムだそうだ。

「育児日記(7ヶ月〜9ヶ月)」へ    HOMEへ戻ります♪ 「平凡な毎日」へ戻ります♪ 管理人へのメールはこちら♪     「育児日記(1歳〜1歳3ヶ月)」へ

SEO [PR] カード比較 ギフト 冷え対策 チョコ 無料レンタルサーバー