6歳9ヶ月〜6歳11ヶ月
(平成17年3月〜5月)

入学説明会を終え、入学準備も本格化。
式服には、白&グレーの切り替えワンピース(ループ刺繍)とボレロを選びました。
最後まで「毎日の通学にも着られるセットアップ」と「特別な日だけの一張羅」で迷った挙句、
最初に気に入った「シスターみたいで可愛い服:一張羅」を本人が選択。
ワンピースが半袖なので、今後「ちょっとしたお出掛け」に度々登場:重宝する事でしょう♪
ちなみに、3月も半ばを過ぎると「安売りを始める大型スーパー」、
「改めて式服風:別デザインのものが出てくるブランド」もあるので、イチかバチか(?)
直前まで買わずに待つ方も結構いらっしゃいましたよ。
ランドセルは、半被せタイプのピンク。
何件もまわり、何時間もかけて、いくつもいくつも背負ってスキップした結果、
「(背中にピッタリで)萌ちゃんと(学校へ)行く気満々な気がする♪」と
これまた本人が選んだものです。(〃⌒ー⌒〃)
学校までが近く、体も小さくはないので、グラム単位の軽さにはこだわらずに済みました。
幸い、大物:机は購入済みだったため、ココでは「デスクマット」と「椅子」のみ購入。
さらには、文房具、袋物、学校指定用品の手配!!
楽しい準備は嬉しい半面、財布が薄〜くなるにつれ、複雑というのが本音…。(^−^ゞ

そして、いよいよ卒園です。
その日の気分で、新しく出会うであろう喜びに浮かれてみたり、
お別れの悲しみに沈んでみたり、
山盛りのイベントをこなしながら、心の中も大忙しの6歳児さん。

毎年「花束等、担任へのお礼の品はご遠慮下さい」と連絡があるものの、
子供の作ったもの&書いたものは別♪
今年は(年長時の)担任が結婚退職する事もあって、
毎年恒例「写真立てに似顔絵」とは別に、ママが編んだペアのクマさんを添えてみました♪
ちなみに、6歳児さんが書いたお手紙には「ランチにいこうね」の文字…!?
(≧▽≦)ノ☆バンバン☆

娘の通う160名ほどの園では、カトリック系ということもあってか、
卒園式のママ服=「上下黒:コサージュ」が定番。
「今年は特に黒の割合が多いね」と言われる中、
実母に借りた薄いブルーグレーの訪問着(金銀糸刺繍)で出席しました。
当日の和服は10名弱。小雨の降る中、全く抵抗がなかったかと言えば嘘になりますが、
萌夏sanは勿論、そのお友達もとても喜んでくれました。
着て良かった♪(〃⌒ー⌒〃)
ちなみに、普段の通勤が作業服のパパには、スーツのバリエーションも無く、
入園式と同じ濃いグレーのスーツに、ブルーのシャツ、
そしてママが着た着物の帯あげに合わせ、クリーム色のネクタイで出席しました。

そして迎えた入学式
パパは(勿論?!)一張羅のスーツに、今度は紺ベースのネクタイで、
ママは、入園式にも着た若草色の色無地で出席です。
本当は、七五三で着た「暗い赤系の江戸小紋」で出席したかったのになぁ。
<萌夏sanが却下
ちなみに当日の和服は(私)1人だけ…。
教室で子供の隣り(床)に座っているのは、正直辛かった…!!
かといって、娘の「座って良いよ」と譲ってくれる椅子に座るわけにもいかないよね…?

毎日の学校が、楽しくて仕方ありません。(〃⌒ー⌒〃)
コレまでの我が家は常に“図画工作優先”。
どうしても必要な時以外“秘密”とされてきた「ひらがな」が“解禁”になるんですものね。
ビックリするくらい慎重に宿題(書き順練習)をこなしていきます。
入園以来、月齢も早く、体も大きかったせいか、しっかり者とされることの多い萌夏san。
人一倍甘えんぼのクセに、幼さをアピールして先生に甘える事を得意とせず、
「しっかりしてるから大丈夫よね!」の期待に応えようと必死の毎日。
相変わらず“一生懸命頑張る事:誉められる事”で気を引こうとします。(^−^ゞ
同時に、幼く特徴的だった字は卒業:形も綺麗になって、ママは複雑…。
(これまで「1」「2」「5」等:数字の大半、「の」等:ひらがなの一部は、逆から書いていました。)
初めて食べる給食だって、母の心配をよそに、毎日「大盛り」を注文!!
毎日のように、出てくるお友達の名前が増えていきます。
そうそう、小さい頃から「チュパネッキー」と言い続けていた萌夏sanが、
「スパゲッティなの?! “スパネッキー”じゃないの?!」と気付いたのも、この頃でしょうか。
(≧▽≦)ノ☆バンバン☆

楽しい気持ちとは裏腹に、
学校生活が始まって数日後から、案の定(?)体調を崩したお姫様。(^−^ゞ
頭痛・激しい腹痛・下痢・嘔吐でダウンです。
念のため受診して調べてみても、特に原因は見つからず「精神的なもの?」という結論。
毎日のように「6〜7人に囲まれて蹴られた」だの「筆箱・で叩かれた」だの
「お腹をぐ〜で叩かれた」だの聞いていたのでは、心穏やかではいられず、
ましてや、報告した際先生に「うそ〜?!」と言われたと聞いては、黙っていられない?!
早速、夫婦で「手を出す事に関して、厳しい指導がないのは何故ですか?」と、
あくまで“学校の方針”を伺いに…!!
「一人っ子、しかも女の子だから、心配なのはわかります」
「ぶつかっただけで“叩かれた”と感じる子もいますしねぇ」と言われたのが引っ掛かるものの、
まずは様子を見ることとしましょう。

勿論、お願いするばかりではいられません。
クラス委員:広報委員(新聞を発行する人)に、半立候補です。
「兄弟姉妹のいる人」・「フルタイムで働いている人」・「母子家庭の人」を除いたら、
残りは数名?! 立候補せざるを得なかったと言うのも事実…。
高学年になればなる程、クラス委員を決めるのも一苦労、と言う噂通り、
「仕事/介護があるんですけど」「だから何? この年になれば、それはお互い様ですよね?」
というやり取りも目の当たりにし、せっかくなら楽しみたい半面、ドキドキな萌ママです。
さてさて、どうなる事やら…???

6歳11ヶ月の時、身長:118センチ、体重:23キロ。
去年までの110センチが、今年の夏は着られそうもありません。(〃⌒ー⌒〃)

「育児日記(6歳3ヶ月〜6歳半)」へ    HOMEへ戻ります♪ 「平凡な毎日」へ戻ります♪ 管理人へのメールはこちら♪     「育児日記(7歳〜7歳3ヶ月)」へ

SEO [PR] カード比較 ギフト 冷え対策 チョコ 無料レンタルサーバー