12歳9ヶ月〜13歳
(平成23年3月〜5月)

卒業式の3日前。式後、みんなで遊びに行く計画を立てていた時のこと。
一人が「萌は違う学校に行くんだから(一緒に行かなくても)良いじゃん」と言い出しました。
そして、その場にいた、仲が良かったはずの十数名が、一斉に
「そもそも、あの時、萌が○○○って言ったことが、今でも気に入らない!」というような
不満を爆発させました。
萌サン、その一つ一つに対して、その場で謝ったらしいですよ。

次の日、学校を休みました。休ませました。卒業式ですら、休んでもいいと思っていました。
即、教頭先生からの呼び出しです。
言った方は「言い過ぎちゃったから、謝りたい」で、謝れば気が済むのかもしれません。
でも、言われた方は、二度と忘れませんよね…。

超難関校に落ちた子をバカにする、受験勉強:未経験の多数派。
そんな様子を、内心バカにしながらも、言い返すことができない受験生たち:少数派。
人気のドラマも、流行のも知らない受験生たちをバカにする子たち。
ヒガミもあったかもしれません。オゴリもあったかもしれません。
一生懸命受験に向き合えば向き合うほど、そのほんの一握りの子たちが、
少しずつ輪からはみ出してしまっていた事は否定できません。

一応、仲直りをし、何事もなかったかのように卒業式へは出席したものの。
式後の食事も、担任に制服を見せに行く日も、
「私立に進学が決まった数人」と「その他」が別行動となりました。

そんなこんなで、少しだけ複雑な思いを抱えたまま、いよいよ迎えた入学式
何がびっくりって「8:30集合」「9:30から入学式」のところ、
8:00には、既に保護者席の3列目まで(約100席)がビッシリだったこと!
そして、着物で参列したママが、1割以上いたこと!
小学校では、卒業するまで「入学式に一人だけ着物を着てた人」と言われ続けた教訓から、
卒業式は勿論、中学の入学式でも着ませんでしたが。
幼稚園同様、ある程度考えの似た人が集まっている集団なんだなと改めて実感しました。

一方、学校に向かう車中で「友達の作り方忘れちゃった…」と涙ぐんでいた萌サン。
父母説明会が終わって教室へ迎えに行くと、大勢のお友達に囲まれ、
「この子が○○ちゃんで、この子が△△ちゃん、この子がえっと…」とテンションMAX!?

が忙しくて、なかなかお友達と遊べなかった」
TVを見る時間がなくて、クラスの話題にもついていけなかった」
「受験をする子が少数派で、最後まで肩身の狭い思いをした」等々…。
そうよね、同じ悩みを持っていた仲間ですものね。毎日、楽しくないはずがありません。

部活動は、チアリーディング・聖歌隊と迷った末、
校内でも熱心で有名なオーケストラ部に入りました。
本人、ヴァイオリンを希望したものの、
希望者多数(しかも、その大半が経験者)のため、オーディション(歌&ソルフェージュ)となり、
結果、第2希望のヴィオラに決まりました。

楽器は「借り物」です♪
数年前まで、某オーケストラのコンサートマスターを務めつつ、講師として招かれていた方が、
今年度からは顧問に就任! (しかも、偶然担任…)
その先生が学生時代、専門のヴァイオリン以外にも「弦楽器を一つ」と「管楽器を一つ」
授業で選択を迫られた際、ご両親に買ってもらったという思い出のヴィオラ
雨の日は、持って帰ってこないでね…?! 何なら、バス停まで、迎えに行こうか…?!

元々、そんなに部活熱心な小学校ではなかったものの、
塾があって、さらに週に数回の部活ですら、参加できませんでしたからね。
恵まれた環境:講師陣の中で、6年間、たっぷり・じっくり満喫してちょうだい☆(〃⌒ー⌒〃)

小学校6年間「学校も楽しいけど」と言いつつ、
幼稚園が恋しくてたまらず、時々、同じ幼稚園に通っていたクラスメイト(男の子)と
「楽しかったよねぇ?!」なんてやっていたのですが…。
ふと、聞いてみました。「今でも、幼稚園に通いたい?」って。
不思議そうに、でも迷わず「うん♪」と答えた直後「中学とどっちに通いたい?」と再度質問。
自分でも少し驚いた、と同時に、少し申し訳なさそうな顔をして
「…中学…」と答えました。(〃⌒ー⌒〃)
幼稚園のことをここまで大好きでいさせてくれた先生方にも、心から感謝しています☆

一緒に悪口を言わなければ「良い子ぶるな」とイジメにあい、
一緒に悪口を言えば、問題児として呼び出され、
何が正しくて、何が正しくないのか、わけがわからなくなってしまっていた萌夏サン。
進むに進めず、足踏みしていた彼女が、
「正義が通る学年」を目標に掲げ、そこへ向かって、ブレることなく進んでいく環境下で、
やっと安心してスタートを切った様子。
まだまだ不安定な足場ではありますが、自分の立ち位置を探し始めている気がします

13歳の時、身長:154センチ、体重:43キロ。
身長も体重も、ひとまず落ち着きましたね☆
昨年の夏以来、ハードな受験勉強のせいでしょうか、止まっていた生理が、
規則正しく来るようになりました。(〃⌒ー⌒〃)

「育児日記(12歳半〜12歳9ヶ月)」へ    HOMEへ戻ります♪ 「平凡な毎日」へ戻ります♪ 管理人へのメールはこちら♪     「育児日記(13歳〜13歳3ヶ月)」へ

SEO [PR] カード比較 ギフト 冷え対策 チョコ 無料レンタルサーバー