設楽オートキャンプ場(北設楽郡)

(2006.AUG.18)

我が家の「3rdキャンプ地」となったのがコチラ。
我が家から約70キロと、少々(子犬には特に辛い)距離があるものの、
何より惹かれる「設備の清潔さ」♪
勿論、当日訪れたキャンパーのマナーに左右される部分も大きいですが、
随所に「汚れを見つけたら、スタッフに声を掛けてください」との貼り紙があり、実際、
素早く対応してくれるスタッフ達が心強いです。
また何と言っても、暑いこの時期、目の前が川で(望めば)1日中水遊びができる点が、
子どもでなくとも嬉しいですね。(〃⌒ー⌒〃)

朝起きて、まずは荷物の積み込み。
週に一度:3回目のキャンプで、多少慣れたとは言っても、
大物を運び込み、食材をクーラーボックスに移していると、1時間近く掛かりますなぁ…。
その後、シャワーを浴びて、いつもよりは少し早い10:30頃我が家を出発。

使う高速がなく「ひたすら下道の約70キロ」は辛いかな、とも思っていたのですが。
近付くにつれ、信号の数は減り、緑は増え、快適な道のり♪

途中買物をしていた事もあり、予定よりは少し遅れて、13:00頃に現地到着。
2段に分かれた広いサイトに戸惑いつつも、まずはテントを張りました。
ちなみに、チェック・インは14:00以降で、通常(有料で)4時間以内の延長ができますが。
メールで事前に確認したところ「12:30以降ならチェック・インができます」
「延長料金も不要ですよ」との返事を頂きました♪
この辺りは、当日の混雑状況によるのかもしれませんね。(〃⌒ー⌒〃)

3回目ともなると「まずはテントを張り、その室内を萌夏sanが整えてくれている間に、
パパとママでタープを張る」というパターンがすっかり定着。
テント内に放り込みさえすれば、
指示しなくとも、クッションマット〜フロアマット〜寝袋が敷き詰められ、
四隅に虫除けが置いてあります。
勿論、ハナと遊びながら&自分の子ども(BABYミッキー:ぬいぐるみ)の
世話をしながらだから、時間は掛かりますけどね☆

そうしている間にも、すぐ隣りを川へ行ったり来たりする水着姿の子供たちが多数。
当然、ウズウズして気が散る萌夏san。
と言うわけで「(室内の)用意ができたら、まずは水着に着替えたら?」

パパ&ママが必要な荷物@着替え等をテント内に移動し、
細々とした物@ランタン等を整える間に、
広げたタープの下では、水着姿の萌夏sanが昼食の準備。
持って行ったパンをトレーに並べ、
タマゴのみじん切り(マヨネーズ和え)・きゅうりスライスの入ったタッパー、ハム、ケチャプ、
カトラリーとコップを並べ、氷を入れてくれました。

持って行った材料を挟むだけ、という簡単な昼食を済ませた後は、
お待ちかねの川遊び
が?! 天気は良くても、やはり15:00近くなったのでは、川の水は冷たすぎますね…。
小さな浮き輪にしがみつき、はしゃぎ続ける2年生が「寒い」と言い出すまでの約1時間、
浮き輪に繋いだロープを握り締め、38歳のパパは凍え続けました。

テントへ戻り、着替えを済ませてからは、16:00頃になってやっと夕食の準備。
とは言え、いつも通り、バーベキューの下準備が万端な我が家は、
特にする事もない…???
と言うわけで、パパがBEER片手に火を起こしてくれている間、ママと萌夏sanは
キャンプ場探険に出発!!\(*^▽^*)/

「お風呂はココでぇ…」 「トイレはぁ…、あっ!? 洋式があるよ!?」
「(炊事場では)お湯も出るんだね?」 「綺麗だねぇ♪」
「バンガローもキッズハウスも、可愛いねぇ♪ でも、犬は入れないから残念だなぁ…」
「この建物、何だろう?」
Σ( ̄□ ̄ )ゞ 「パパぁ! 19:00から、ルフィーがやるってぇ!!」

映画を見に行く気はなかったものの、管理室を覗いたパパから
「19:00から『風船ショー』で、その後『映画:ワンピース』に変更だって」
と聞いたのでは、じっとしていられません?!
こういったショーを見に行っても、当然小さい子が優先で、
もう、もらえないお年頃になってきましたからね。
小さい頃は「欲しい人〜?」で手を上げられなかった萌夏san、期待に胸に膨らませます。

小雨が降る中、のんびりと食事を済ませた後は、天体ドーム2階にある映写室へ。
この日、たまたま泊まりに来ていたお客さんの中で、風船ショーのできる人がいるということで、
母子で楽しませていただきました。(〃⌒ー⌒〃)

その間パパは、ママに譲ってもらったチューハイを片手に、ハナとお留守番。
肉をつつきながら、ご機嫌に仕上がっておりました。
(≧▽≦)ノ☆バンバン☆

テントに戻り、親は、肉をつつきながら、チューハイ片手にテーブル周りのお片付け。
萌夏sanは、3回目のキャンプにして、初の「花火」を楽しみました♪

この辺りで、雨は本降り!
タープの下にいる分には、特に支障はないものの。
やだ、そろそろ予約したお風呂の時間(21:00)じゃない?!

着替えを濡れないように準備し、ハナの体制を整え、
「傘? ポンチョにする?」なんてアタフタしている間に、時間はどんどん過ぎ、
気が付けば21:20
管理人のおじさんが「お風呂の時間ですよ?」とカギを持ってきてくださいました。┐(-"- )┌
「せっかく広い敷地なんだから」と欲張らず「天気予報が晴れだから」を高をくくらず、
1段にテント&タープを繋げるべきだったと反省…。

家族3〜4人が、充分一緒に入れるスペースのお風呂に、まずはママと萌夏san。
浴槽にお湯を張りつつ、シャワーでシャンプーを済ませ、体を洗った後は、
室内に萌夏sanを残して、外で待つパパと交代。
一足先にハナを連れてテントに戻り、荷物の整理を済ませました。

1回目のキャンプでは「結婚式」、2回目のキャンプでは「鬼ごっこ」に泣いた我が家。
今回はなんと、雨の音に泣かされました。(T_T)
テントを打つ「雨の音」。雨がやんだ後しばらく続く「木から落ちる雫の打つ音」。
そしてまた「雨の音」。
22:00頃一度上がった雨は、23:00頃になって再び本格的に!
24:00を過ぎ、雨がすっかり上がるまで、とても寝付ける状態ではありませんでした。
いや、2年生さんは、毎度「ママのマッサージ」で23:00過ぎには寝ましたけどね。
あと、川を挟んだ道を走る大型トラックの音が、意外と大きかった…。

翌朝、6:00にトイレへ立ったパパが、なかなか帰って来ない?
立ち読みするコンビニはないし、タバコにしては長すぎる?

私が起き上がっては、ハナも起きるし、そしたら萌夏sanも起こされる。
遅くまで寝付けなかったから可哀想だし…。と我慢に我慢を重ね、7:00になって起床。
そして、外へ出てビックリ。
大雨&ドロはねで汚れたタープやシート、椅子やテーブルが、
すっかり綺麗になっていました。「朝ご飯作れよ〜」だって。(≧▽≦)ノ☆バンバン☆
結局いつも(ママが荷物の整理をしている間に)パパが作ってくれるんですけどね。

いつも通りのハムエッグにパン、カップスープ、そして食後のミルクティに加え、
今回は(すぐ隣りを流れる川で冷やした)フルーツ缶で朝食♪

「パパがペグを抜き、そのペグを萌夏sanが拭く間に、ママがロープを縛っていく」
「萌夏sanが室内のほうき掛けをする間に、ママが細々とした物を積み込める状態にまとめ
パパは大物@グリルを片付ける」
「パパとママがテントを畳む間に、萌夏sanがポールを折畳む」
最後に、全員でタープを畳み、パパとママが積み込む間、萌夏sanとハナは最後の探険!!
こういった流れもすっかり定着。
「家事を家族全員でシェアして、家族全員で遊ぶ時間を増やそう!」
流行最先端の我が家です♪(≧▽≦)ノ☆バンバン☆

荷物を積み込み、チェック・アウトを済ませた後は、広場に車を移動。
萌夏sanの予備服が一式あるのを確認後は、再度川へ!

ハナをパパに預け、いつもは岩の上で干されるママも、膝まで浸かって涼みました。
やっぱり、この時間帯が一番気持ち良いねぇ♪
全身浸からずとも、す〜っと汗が引きます。(〃⌒ー⌒〃)

ふと振り返り、ハナさんを見てみれば…?
水面に近付けると、を(イヌカキで)泳ぐのが面白いようで、パパのおもちゃ状態。
しかも、次に振り返った時には、の中!!
まぁ、冷たくて気持ちは良いだろうけど、すくい上げても、まだ(空を)泳ぎ続けてるよ!?
ここでプチ発見@イヌカキって、意外と動きが遅いのね?

可哀想に、50センチを3往復ほどさせられた後は、
ママにしがみついたきり、完全に体が乾くまで、震えが止まりませんでした。┐(-"- )┌

川で1時間ほど遊んだ後は、車の陰で着替えを済ませ、いざ香嵐渓へ!
距離はさほどないものの、
曲がりくねった山道を下った所@信号の増える道へ出る手前になるので
良い休憩ポイントとなります♪

川で遊ぶ家族連れを横目に、卵たっぷりの熱々アユ、冷々ワラビ餅、ザルそばを食べ、
早々に切上げました。(〃⌒ー⌒〃)

HOMEへ戻ります♪ 「遊びに行こう!」へ戻ります♪ 管理人へのメールはこちら♪     キャンプ場情報へ戻ります♪

SEO [PR] カード比較 ギフト 冷え対策 チョコ 無料レンタルサーバー