愛・地球博
<愛知万博:2005年 日本国際博覧会>
2005年3月25日〜2005年9月25日(185日間)

名古屋東部丘陵(長久手町・豊田市、瀬戸市)を舞台に、
120以上の国と、5つの国際機関参加の下、新しい文化・文明の創造を目指し、
185日間にわたって開催される21世紀最初の万博。
メインテーマを「自然の叡智(えいち)」とし、
自然界の知恵を学ぶと同時に、自然を尊重し、文明と共存することを提案しています。

また「愛・地球博」という愛称は、
同じ地球に住む仲間が、環境や文明、文化について語り合う博覧会を目指すという姿勢を、
そして「愛知」と「地球」を結んだ「愛・地球」という造語によって
「人間と地球の共生」というメッセージを、視覚的に表現しているそうです。

(2005.AUG.24)

パパの連休:初日は、予定通り、愛・地球博:愛知万博へGO!
で?! 何時に、どうやって行きましょう?!(^−^ゞ

最も混雑する『北ゲート』(仮に30分待ち)は避けるにしても、
比較的混雑の少ない『東ゲート』から(仮に10分待って)入って
『ワンダーサーカス』に挑戦?!
それとも『西ゲート』から(仮に20分待って)入って、イチかバチか『日本館』に挑戦?!

『東ゲート』から入るとしたら、三好駐車場発のシャトルバスで行くとして、
始発(8:10)に乗るには、2時間前(駐車場)必着?!
『西ゲート』から入るとしたら、藤ケ丘駅周辺に停めて、リニモ?!
それとも、長久手駐車場に停めて、シャトルバス?!
思い切って、交通規制の入る8:00までに、西ゲート周辺:民間の駐車場にする?!

散々迷った挙句、結局「6時にゲート前」でなければ、大差ないと情報を得て、
比較的のんびり、7:30頃我が家を出発。8:00頃、並ぶ事なく三好駐車場に駐車。
清算を済ませてから、待ち列に並ぶ事:約45分。
8:55頃になって、ようやくバスに乗る事ができました。(〃⌒ー⌒〃)
とは言え、風もあり、屋根もあり、清算時にもらった万博地図を見ながらの待ち時間は、
大して苦になりませんでしたけどね♪

エアコンの効いたバスに乗り、高速を走れば、あっという間に『東ゲート』到着。
15分弱並んだ末、訳もなくドキドキしながらの手荷物検査を済ませて、9:30頃入場。

何はともあれ『北ゲート』の大行列をバックに、
「万博に来たぞ!」の記念撮影。(≧▽≦)ノ☆バンバン☆
地図を眺めながら、パビリオンの待ち時間を携帯で確かめながらのんびり進み、
「パビリオンに入って、ばあちゃんとの待ち合わせ(10:15)に間に合わなくても困るし…」と、
『三菱未来館@もしも月がなかったら』の待ち時間:0分を横目に『コモン2』へ。
記念すべき第1歩は『キューバ館』となりました。
お隣りの『国連館』『メキシコ館』でたっぷり遊んだ後は、
本日のメインイベント?!マンモスへと向かいました。

途中、9:55頃「今リニモに乗った」とばあちゃんからのメール。
そして10:15頃『北ゲート』前に到着したばあちゃんは、15分ほどかけて入場し、
10:35ギリギリにマンモス到着!!
4人揃ったところで『グローバル・ハウス(オレンジ)マンモスラボ』(事前予約)を楽しみました。

その後は、LUNCH♪
それぞれの好みで迷った挙句、それならばと『ピーロート・ワールドフード&ワインコート』へ移動。
ばあちゃん用に「釜山亭(韓国料理)」の「冷麺(1.000円)&ウーロン茶」、
パパ用に「たん喰い亭(仙台名物)」の「串焼き牛たん&ビールセット(1.000円)」、
萌夏san用には「KO:HI:KAN」の「ホットケーキ&ミルクティ(800円)」、
ママ用には「タージマハール(インドカレー)」の「チキンカレー&ナン(1.100円)」を買い込み、
みんなでつつきました♪(〃⌒ー⌒〃)

おなかもふくれ、元気になったところで「1つくらいは並ぼう」と、
萌夏san:第一希望の『ワンダーサーカス電力館(待ち時間:70分)へと移動。
ちなみに、並びながら4人が交代でトイレを済ませると、既に30分近くが経過、
さらに30分ほど並んだところで乗車となりました。
しかも、待ち列には屋根が、そして「地下を通して冷やした」というエアコン並に冷たい空気が流れ、
水筒の紅茶を飲みながら、そりゃあもう、快適な待ち時間♪

その後は、パビリオン前の噴水で、しばし水遊び。(〃⌒ー⌒〃)
TDSでの失敗を教訓に「濡れてもいいから、思い切り遊んでおいで!」と送り出しました♪
と言っても、そこは萌夏san。
激しい子達におされて、ちっちゃな赤ちゃん達に紛れ、ミストと戯れておりましたわ。
(≧▽≦)ノ☆バンバン☆

続いては、萌夏sanの強い希望で『コモン6』へ。
学校の遠足で通った道を、どうしても案内したかったんでしょうね。(〃⌒ー⌒〃)
持参した台紙にスタンプを集めながら、写真を撮りながら、
途中、椰子の実ジュースを飲みながら、
『タイ館』『インドネシア館』『南太平洋共同館』『ブルネイ・ダルサラーム館』
1時間以上かけて、の〜んびり一回り。

ちなみに、萌夏sanが前々から楽しみにしていた「ヘナ」は、
「アレルギーで荒れた子が出た」と発表されてから、残念ながら、今では全館中止との事。
しかも、それならばと候補に上がった『コモン6』『タイ館』のボディペイントまでも、
水曜は定休日。┐(-"- )┌

次に向かったのが、言ってみれば萌夏sanのメインイベント:トルコアイス♪
特に何も考えず、特に何の疑いも持たず『コモン3』『トルコ館』へ向かったものの、
売ってなくてビックリ。(≧▽≦)ノ☆バンバン☆
と言うわけで、またもや『ピーロート・ワールドフード&ワインコート』へ移動し、
トルコアイスを無事GET後、しばしのくつろぎタイム♪
トイレを済ませてから、17:10予約のお隣り:『長久手愛知県館』へと向かいました。

実は、事前WEB予約での第1希望は『日立』
粘りに粘ったものの、行ける日も限定で、結局とる事はできず。
しかも、そうこうしてる間に、他のパビリオンも全て埋まっていくんですよね…???┐(-"- )┌
そんなこんなで、何とかキャンセル拾いした『グローバル・ハウス:オレンジ』
そして「せっかく2つの事前予約がとれるし」・「何もないよりは」と、最後まで残っていた
『長久手愛知県館』を予約したのですが…。
「きっとガラガラなのよね…?」の予想に反し(待てば見られるからなのか?)長〜い行列!!
何だか、すごく得した気分♪

続いては、そのまたお隣り『中部千年共生村』へ。
しっかり「1000年先」に「写真&メッセージ」を残してきましたよ〜♪

ココで「じいちゃんも待ってるし、そろそろ帰る」と言うばあちゃんを送って『北ゲート』へ移動。
ま、ばあちゃんは、パスポートを使って、何度も来てるしね♪
ちなみに、18:00頃会場を後にし、スムーズに行けば1時間で帰れるであろうばあちゃんから、
「自宅到着」メールが届いたのは、20:00前になってから。
リニモに乗るのに、1時間近く掛かったね?!

ばあちゃんを見送った後は、すぐお隣り『コモン1』へと移動。
まずは、コンビニで買った紅茶&氷を水筒へと移しかえ、気分も新たにいざ出発?!
『サウジアラビア館』『イエメン館』『カタール館』『イラン館』『バングラディッジュ館』
『パキスタン館』
『スリランカ館』『ブータン館』『中央アジア共同館』!!
大行列の『韓国館』には目もくれず、のんびり、ぐるりと一周しました♪

20:00前になったところで、携帯で待ち時間:110分を確認しつつも、
『日本ゾーン』『長久手日本館』へ移動。
「比較的、夜に空いてくる傾向がある」という事前情報に淡い期待を抱いたものの、
残念ながら、110分より短くなる事なく、受付終了。
ココから2時間並ぶ気合もなく、歩いて帰る気合もなく、グローバル・トラムに乗って、
『北ゲート』へと戻りました。

ただ、夕食がまだだったため「せっかくなら各国料理を?」
「いやん♪ さっきの飲茶が食べたい♪」と迷ったものの、疲れきったママの強い希望で、
20:55頃『東ゲート』発のバスで、並ぶ事なく、待つ事なく、三好駐車場へ。
20分後には、愛車:キューブに乗っておりました。(〃⌒ー⌒〃)

どこへ行っても楽しい萌夏sanはともかく、TDR仕様になったパパにしてみても、
「何の予定もなく、気になったところにふらっと入って、ちょこっと歩いては、ちょこっと休憩して」
そんな行動パターンが新鮮で、とっても楽しかったんですって。

後日、公式サイトからダウンロードした台紙を使って、
「万博新聞」なるものを作成。
「夏休みの思い出」として提出したところ、お友達に大好評だったようです。(〃⌒ー⌒〃)

 会場 : 愛知・名古屋東部丘陵(長久手町・豊田市、瀬戸市)
                http://www.hakusekikan.co.jp
 交通機関
  <電車で>
    * 名古屋駅から
         … 地下鉄東山線「藤が丘」駅下車、リニモ・シャトルで「万博会場駅」へ。
         … JR快速(直通列車)「エキスポシャトル」(片道:780円)
             … JR中央本線経由で、愛知環状鉄道「万博八草駅」。
    * 中部国際空港(セントレア)から
         … 名鉄線「金山駅」経由〜JR中央本線「高蔵寺駅」下車、
           愛知環状鉄道に乗り換え「万博八草駅」下車。

  長久手会場へ
      * 「万博八草駅」から東部丘陵線(リニモ)で「万博会場駅」へ。
      * 「万博八草駅」からシャトルバス(混雑日運行)で。
  瀬戸会場へ
      * 「万博八草駅」からシャトルバス(毎日運行)で。

  <駅シャトルバスで>
         … 名古屋・黒笹・尾張瀬戸駅と長久手会場を結ぶ直通バス。
    * 名古屋駅発(名鉄バスセンター) : 約35分間隔で運行
         … 片道:1.000円(往復:1.500円)(約15分で会場に到着)
  <車で>(パーク&ライド方式)
         … 交通渋滞の緩和・環境負荷軽減のため、愛地球博の会場に隣接した
           駐車場をなくし、会場周辺:6ヶ所に設置されている駐車場(有料)に
           一旦駐車して、 駐車場シャトルバス(無料)に乗り換え、会場に入る
           システム。駐車場利用の事前予約は不可。
    * 名古屋空港駐車場(豊山町豊場)
         … 1日:2.500円(1600台収容)(約35分で会場に到着)
    * 長久手駐車場(長久手町永長湫丸根)
         … 1日:3.000円(1700台)(約15分で会場に到着)
    * 三好駐車場(三好町福谷根浦)
         … 1日:3.000円(1500台)(約20分で会場に到着)
    * その他 : 尾張旭・ながくて南・藤岡に駐車場

  会場から3キロ圏内の(幹線道路以外の生活道路)
       … 8:00〜18:00の間、許可を得た車以外の通行は禁止。
  愛知万博会場のゲート周辺道路 … 24時間の駐停車禁止規制
  近辺の大型スーパー駐車場 … 期間中は有料化 : 不正駐車対策

 入場料(普通入場券) … 2005年4月1日現在の満年齢を適用
         大人(満18歳以上)      : 4.600円
         中人(満12歳〜18歳未満) : 2.500円
         小人(満4歳〜12歳未満)  : 1.500円
         シニア(満65歳以上)      : 3.700円
    * 「全期間入場券」・「夜間(17時以降)割引入場券」・「団体割引入場券」
      ・「平日家族割引入場券」・「平日回数割引入場券」他…

 問い合わせ先  : (052)955−2005 … 愛・地球博コールセンター

HOMEへ戻ります♪ 「遊びに行こう!」へ戻ります♪ 管理人へのメールはこちら♪     「続:愛知万博」へ♪

SEO [PR] カード比較 ギフト 冷え対策 チョコ 無料レンタルサーバー