アトピー性皮膚炎
<ATOPI>
<こんな病気>
  •  顔や肘・膝の内側に、湿疹が繰り返し起こる病気。
        … アトピー体質がもとにあり、年齢によって、できる場所や湿疹の状態が
          かわります。
  •  痒みの強い湿疹。
        … 掻きこわすとジクジク→かさぶたを繰り返します。
  •  慢性化することが多い。
  •  アトピー体質の子供に、何らかの刺激があった時起きます。
              (衣服・洗剤・食べ物等の刺激)
        … 他のアレルギーの病気と比べて、アレルゲンが特定しにくく、はっきりした
          原因は、まだわかっていません。

<症状>

  冬は皮膚が粉をふいたようになって、痒みが増し、夏は汗をかくのでジクジクしがちです。
  虫刺されを掻いているうちに、悪化する事もあります。

  •  1歳以下(症状が出始めるのは、生後2ヶ月頃から)
        … 顔(特に耳の下)、首の周り、胸などに、ジクジクした湿疹。
  •  1歳以上
        … 顔・頭、手首・足首などに、カサカサした湿疹。耳切れを起こす子も、
          よく見られます。
  •  3歳以上
        … 肘・膝の裏側、目の周りに、乾燥してカサカサした湿疹。
          湿疹がかたまって、皮膚がゴワゴワして盛り上がってきます。
          手がひび割れる事もあります。

<治療>

  •  何よりも、肌を清潔に保つ事。
        … 汚れやすい顔や手は、マメに拭くようにし、毎日入浴させましょう。
  •  皮膚が乾燥しすぎるのを防ぐ。
        … もともとアトピー性皮膚炎の子は、皮膚表面の脂分や汗の分泌が少なく、
          肌が弱いもの。充分泡立てた石鹸で、優しく洗うようにしましょう。
  •  衣服(特に下着)は、汗を吸収しやすく、柔らかいものを。
        … 洗剤や漂白剤が刺激になる事もあります。
          赤ちゃんが直接触れるママの衣服、タオルにも、注意が必要です。
  •  爪は常に短く。
  •  痒みがひどい場合は、受診を。
        … 軟膏は、ステロイド系・非ステロイド系(消炎剤・保湿剤)など様々。 

<除去食について>

  •  除去食療法は、医師の指示の下で。
        … 牛乳や卵が、必ずしもアレルゲンとは限りません。
          赤ちゃんにとって大切な動物性たんぱくを、自己判断で制限してしまう事は
          避けましょう。

HOMEへ戻ります♪ 「平凡な毎日のために:病気編」へ戻ります♪ 管理人へのメールはこちら♪

SEO [PR] カード比較 ギフト 冷え対策 チョコ 無料レンタルサーバー